創業時には、創業融資でお金を借りておくべき!

創業・起業し始めた時期には、始めた事業を継続していくことを考える必要があります。そのために考えるべきことは資金調達・資金繰りです。特に創業時から資金調達の対策をしておくと、2年後、3年後に事業が軌道に乗せられるかどうかに大きな差が出てきます。そこで創業融資を利用して資金調達に備えておきましょう。ここでは、創業融資を成功させるために押さえておくポイントについて解説します。

そもそも、創業融資とは?

創業融資とは通称で、創業したての会社や個人に対して資金が行き届くために用意した国の制度のことをいいます。
主に以下の二つのことを指します。

日本政策金融公庫の「新創業融資」
信用保証協会・自治体・民間の銀行が連携をしている「制度融資」

創業融資で資金調達しておいた方が良い理由

創業希望者には、今、資金が必要なくてもお金を借りておいた方が良いとお伝えしています。
もちろん、無駄なお金を借りなさいと勧めているわけではありません。無駄に借りたお金は、無駄なことに使ってしまう可能性がありますから、余分には借りないことが賢明です。

では、なぜこのようにお伝えするのかというと、理由は、創業者にとって、2年目3年目の資金調達が一番難しいからです。

創業当初は、貯金があり、資金に余裕があっても、事業の計画が上手く進まなかったりすると、だんだんと手元の資金は少なくなっていきます。

また、当初予定していた計画と比べて、売上は想定よりも低くなりがちで、経費は想定よりも多くかかってるものです。

創業当初に想定していた計画よりも資金的には早く減っていくことが多いです。

そこで、資金的に困ったからといって、金融機関に借りに行ったとしても断られることが多いのです。

創業融資を成功させるための5つのポイント

創業融資を借り入れる際、金融機関が審査する上で重要視しているポイントが5つあります。
その5つを挙げると、

一つ目は、自己資金があるかどうか
二つ目は、創業する事業に関する経験があるかどうか。
三つ目は、公共料金や税金の滞納がないかどうか。
四つ目は返済が必要な別の借り入れがないかどうか。
五つ目は、事業計画書・開発計画書がしっかりと書かれているかどうか。

この5つのポイントを押さえておくと、創業融資の成功率が大きく上がります。

資金ポジションは高い方が成功しやすい

創業時に借りる必要がなくても、借りておくことで資金ポジションが高くなります。
業績が思うように推移しないと、その状況を打開するためには投資が必要です。

ほとんどの金融機関は、「今、お金を借りないと、会社が潰れてしまいます。」という経営者にお金を貸すことはありません。
資金に余裕がなくなってから金融機関に借りに行っても、貸してくれないのです。
逆に、「今は資金的に余裕があります」という経営者にお金を貸したがる傾向があります。
経営者にとって、一番お金を借りやすいのは創業時です。ですから、創業する際、借りる必要がなくても、必ず借りておくべきなのです。

起業する前に創業融資の準備はしっかり行いましょう!

将来に対する備えをしておくのも、創業を成功させるために必要なことです。
当事務所では、創業されたい方、創業融資を受けたい方にはしっかりとサポートさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ブロードリーフ税務会計事務所
税理士 前川高志

お気軽に無料相談・お問い合わせをご利用ください!
 

お電話でのお問合せはこちら

050-5857-9008
メールでのお問い合わせ

お電話以外でのお問い合わせは24時間365日受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/10/21
お役立ち税務経営コラムを始めました
2020/09/01
ブログを開設しました